コンテンツを消費できなくなった話

この2か月くらい、コンテンツ(本、漫画、映画等)が消費できなくなった。

時間はある。お金もある。なのに、今までのように何かを「読みたい」「観たい」と思えなくなった。

原因はまあ、なんとなく予想はついて。しばらく転職活動をがんばっていたから、その揺り戻しだったり、退職に伴う残務処理とか、引継ぎとか、次の会社への準備とかによるストレスだったり、あまり変哲の無いようなものだと思うのだけれど。

 

正直、びっくりした。

 

30ン年間、こんなことは無かった。どんなに気持ちがふさいでも、コンテンツを消費したくなくなることは無かったのに。むしろ、どんなに辛くてもコンテンツがあるから生きていけると思っていたタイプだったのに。

 

超あせった。

 

でも、じたばたしてもしかたないので、頭をあんまり使わない漫画とか、YouTubeとかを見て、無理しないように、でも、コンテンツの楽しさを全部忘れてしまわないようにがんばった。

 

そして、寝まくった。ひたすら寝た。

(睡眠はあらゆる病気に効果的と信じているのです。)

 

そしてようやく、前みたいにコンテンツを楽しめるようになってきたので、ここに今、書きます。でもまだ、長時間コンテンツに触れると疲れる。徐々に、少しずつ……。

 

次の職場は、まさにコンテンツ作りなんだけど、大丈夫かな。こんな調子でやっていけるのかな。逆に転職してしまえば、前みたいに戻れるのかな……。

 

人生、こういうこともあるんだなと思ったので、記録します。